食べるの大好き、でも太りたくない。ストレスフリーのダイエット


by eyeeye510518

ついに決意、はじめてのダイエット

高校2年も終わりに近付いた頃、私はふと気付きました。
「着れる服が、ない。」
折しもスケーターカジュアルや、B系のダボダボな服装が流行っていた頃のことです。
私もいつもはメンズの30何インチ(たしか32だったと思う)のチノパンをはいていたので、自分のサイズがレデイ−スの普通サイズをとっくにオーバーしてることに
なかなか気付く機会がなかったんですが、たまたま母と買い物に行った時に、
「たまには女の子らしい恰好しなさいよ」
と言われて細身のブーツカットのパンツのLサイズを試着することになって、はいてみると、膝から上にはどうがんばっても上がらなかったんです。狭い試着室の中で冷や汗をかきながらサイズのタグを何度も確認する私。Lって、ラ−ジのLだよね?これ以上大きいのって、ないんだよね?現実を知り、泣きそうになる私。そういえば、最近、座るとお腹のお肉が太ももにくっついて座るのがつらい。しかも、歩いている時も、太ももが擦れて痛い。私、もしかして、もしかしなくてもデブ?
家に帰って、体重計に乗ると、目盛りは無情にも66㎏を示している。四捨五入したら70㎏ですよ。どうしよう、女の子の体重じゃない!痩せなきゃ、今すぐに。
そして私は決意しました。寄り道をやめ、お昼の唐揚げとビッグサイズおにぎりをやめることを。17歳冬、156㎝、66㎏。これが、ダイエット開始前の私の姿でした。
[PR]
by eyeeye510518 | 2005-08-01 22:26 | ダイエット